関東ビーチサッカーリーグ2021 第6節 vs東京レキオスBS


【関東ビーチサッカーリーグ2021】


7/4(日)@タチヒビーチ

第6節 vs 東京レキオスBS 5-2 win

得点者(大場×2 小川 福田 平間)


【マッチレビュー】


第6節はリーグ前半戦でPK戦までもつれ込み勝利した東京レキオスBSとの一戦。今節はピリオド内で決着をつけようとチーム一丸となって挑んだ。


お互いに集中したゲームスタートをみせ、均衡した内容となる。シュートまでいくものの相手GKの好セーブやポストに阻まれゴールを奪えない。守備では身体を張ったディフェンスで無失点で抑え、お互いスコアレスで1Pを終える。


第2ピリオドゲームが動く。

コート中央からオーバーヘッドを決められ失点。

3分後には得点力が上がってきている福田のゴールで同点とするが、終了間際にチャンスをきっちり決められ1-2。


1点ビハインドで迎えた第3ピリオド。

大場が早々にゴールを奪うと流れに乗った。小川がこぼれ球を拾い、左足でゴールネットを揺らす。その後も平間のダイビングヘッドで追加点。最後に城田からのスローに大場が抜け出し相手を振り切りゴールを決め5-2で試合終了。


88回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示