レーヴェ横浜のSDGsへの取り組み

sdg_icon_wheel_2.png

レーヴェ横浜はサッカー及びビーチサッカーを通して持続可能な社会を実現するため活動を行っています。

sdg_icon_03_ja_2.png
sdg_icon_05_ja_2.png

すべての人にスポーツの楽しさと健康を

レーヴェ横浜では性別、年齢関係なくスポーツが楽しめるように女性や子供向けのスクール及びイベントの開催を行っています。FRAUでは女性ビーチサッカー選手たちが、JUNGではU18の選手たちが活躍しています。ビーチは関節への負荷が少なく、筋肉に短時間で高強度のアプローチができるため、幅広い層の方々に楽しんでいただけるスポーツ環境です。スクールは幼児年代からママスクールまで幅広い層に参加いただいており、多くの人が健康的でいられる社会の実現に向けて取り組んでいます。

sdg_icon_11_ja_2.png
sdg_icon_14_ja_2.png

海への恩返しプロジェクト

ビーチサッカーには欠かすことのできない、砂浜と海。

私たちは日頃からビーチクリーン活動を行い、ビーチの環境を綺麗で安全に保ち、年々深刻化する海洋プラスチック問題にも取り組んでいます。

ビーチクリーンを通して、一緒に活動をしてくれる大人から子どもまで、みんなで環境への関心と知識を高め、いつまでも美しく安全なみんなの海を守っていけるよう活動を行っています。

sdg_icon_12_ja_2.png

リユース容器の使用

スポーツをするうえで欠かせない水分補給は、水筒などのリユース容器を一部で導入し、ごみの削減を目指しています。スポーツチームとして、自然と調和したライフスタイルに関する情報と意識を持てるように取り組んでいます。

sdg_icon_05_ja_2.png
sdg_icon_08_ja_2.png

サポートカンパニーとの連携と未来への取組み

アスリート雇用及びレーヴェ横浜所属の男女のアマチュア選手雇用について、サポートカンパニーのご協力のもと、ともにアマチュアアスリートのディーセント・ワーク実現に向けて活動を行っています。また、未来の選手たちのために、ビーチサッカーの認知度と社会的地位の向上を目指し、取り組んでいます。